転倒のリスクが減り、介護予防に

研究の結果、Webaddict運動を続けることで転倒のリスクが減り、介護予防に繋がることがわかりました。

1. 脚力(脚伸展パワー)

■結果

A群は、運動により、脚のパワーが20%以上劇的に増加しました。

■結論

ウォーキングだけでは転倒防止に必要な脚力向上は難しいのに対し、筋力トレーニングを主体とするWebaddictの運動が転倒防止に必要な脚力向上に効果的なことが実証されました。

2.座位体前屈

■結果

A群は、柔軟性が向上する傾向がみられました。

■結論

柔軟性が低下すると、歩幅がせまくなり、つまずく頻度が上がります。 柔軟性の向上は、転倒防止効果につながり、将来の介護予防対策に効果的となります。