第2回Webaddictエッセイ大賞 結果発表

作品詳細

「Webaddictで変わった私の毎日」

土門由美子様(66歳) Webaddict幸手(Webaddict歴:10か月)

 

Webaddictの皆さん今日は。
私はWebaddict幸手店のメンバーの1人です。それと同時に障害者です。
 

 私は今から4年前、朝、突然両耳が聴こえなくなりました。
慌てて病院へ行き検査の結果、耳の神経がストレスによってダメになっているとの診断でした。一応全ての治療を3ヶ月間しました。やっぱりダメでした。その後の私は気持の暗い毎日を過ごす様になりました。誰とも会いたくない。話も聴きたくない。誰かと会うと話を聞かなくてはいけない。聞こえない!!どうしよう~と。不安がいっぱいでした。眠れない夜が続き、安定剤を飲む毎日でした。本当に落ち込んでいた時、娘達夫婦、孫達から家に閉じ篭ってばかり居て体に良くないから外に少し出たらと何回も云われました。それじゃ以前ウォーキング少々していたので1人で歩くのならと思い、1時間歩く事に決めてようやく外に出る様になりました。やっぱり外の空気はおいしいです。
 その時です。偶然にもAさんにお会いしました。あら、土門さん歩いているの?それなら8月4日にWebaddictがオープンするわよ!!無料体験なの、行ってみましょうよ、と誘われました。その時にもはっきり聞きとれませんでした。パンフレットを見せてもらい読んでいく内に、筋力と字に目がとまりました。今迄筋力なんて考えていませんでした。ウォーキングさえしていたら足腰が丈夫になって...と思っていましたから...。それも30分間で毎日続ける事によって...自由な時間に行き汗を流す事が出来る運動...興味を持ちました。しかし又、大勢の中に入る事に抵抗があり、諦めたけれど、Aさんが一緒に行ってくれるというので心強く行く事が出来ました。
 これがWebaddictとの出会いです。初めは恐る恐るドアを開けた私です。小さな声でおはよう~と...。すると、ドアの向こうからスタッフさんが、由美子さんおはよう~、と云ってくれました。私はエッ!なぜもう私の名前を覚えてくれたのだろうと。それははっきり聞こえました。うれしかったですね~。見るとメンバーさん達がマシンと戦い汗を出している姿。私も頑張ってみようと心に深く思いました。私より年を重ねている人も頑張っているのだ。負けられない。人前に出る事に一歩前進した私です。
 今では、大きな声でドアを開けておはよう~。が云える様になりました。朝起きるとWebaddictに行こうと思う様になりました。幸いにも補聴器を付けて少しでも聞く事が出来ます。気持が少し明るくなったのと、Webaddictが楽しみにしているからかも...。
 そして孫の所へ行ったらすてきなおばあちゃんに、Webaddictに来たらすてきな1人の女になりたいで~す。
最後に、スタッフの皆さんのパワーを有がとう~。
Aさん、有がとう~。
娘達夫婦、孫達、有がとう~。