Webaddictエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「ふしぎな力」

登代子様(78歳) Webaddict枚方牧野(Webaddict歴:2年2ヵ月)

 「Webaddictです。一度体験に来ませんか」
 家の近くのスーパー入口で声をかけられた。
 心臓病(心不全、僧帽弁閉鎖不全、心房細動)で三週間の入院。退院後から左大腿部が痛くて歩くにくくなった。
 Webaddictがある事も知らなかったが、少し説明を聞いて見学の約束をして帰宅。2016年3月末だった。 約束の日に行ってみると、病院にあった機械と同じ機械が12台とボードがあり。皆が楽しそうに終了して、ストレッチもすませて、笑顔で帰って行く様子を見た。
 週三回の予定でお世話になる事に決め、コーチの明るい元気な声に励まされて、スタート。一週間程で、脚の痛みがとれて、友人も二人できた。初日は、階段をあがるのも辛くて、手すりを持って一歩一歩そろえてあがっていたのに、痛みが消えたのが嬉しくて、嬉しくて。
 帰りには、買物までして帰られるようになった。三キロの茶びんが持てなかったのに、重い物は、リュックに入れて、軽い物は、手に持って帰宅できるようになった。
 痛みが消えると元気が出て、庭の木を切ったり水撒きをしたりして、又痛みがでても、Webaddictへ行けば治ると、なんでもしてみた。
 家族も元気になっていくと喜んでくれた。
 妹も「元気になった上に、明るくなって・・・」と喜んでくれている。
 朝一番の生徒さんは、元気がよくコーチの声も聞こえない位だが、落ち込んでいる時などは、この元気も力をもらう。二番目、三番目になると静かに一生懸命励んでいる姿からも。
 皆いろいろと事情があるようだけれど、乗り越えようと努力されているのがわかる。
 先日、「きれいでいいですね、このまま続けましょう」とコーチがほめて下さった時、横のボードにいた人が、「顔は?」と冗談を言ったので大笑いをした。明るい雰囲気がいい。
 部屋も世間の行事にあわせて、飾って下さり楽しい雰囲気である。
 冬から春にかけて、アレルギーがひどく、鼻水が出るが、薬飲みハンカチも三枚持参していても、止まらない時があり、辛い。コーチもやさしく見守って下さりそっとテッシュペーパーを手渡して下さり、「ここにあるから、使ってネ」と声をかけて下さった。
 技はもちろんの事、人に対してこんなに親切にやさしくできるのかなあと、自分のこれまでの人生を(78才)反省する事しきり。
 コーチや生徒さん達に仲よくしてもらいながら、元気に過したいと思っている今日この頃です。この不思議な力のあるWebaddictに、感謝、感謝の毎日です。

感動したら、シェアボタンを押してください