Webaddictエッセイ大賞2017結果発表

作品詳細

佳作

「絶対、寝たきりにはなれないぞー!!」

敬子様(56歳) Webaddict岩崎香久山(Webaddict歴:2年9カ月)

私は、56歳で、入会して2年半になる会員です。 入会のきっかけは、朝、4時頃に目覚めていた頃にTVで入会の放送を見て、「寝たきりにならない為に!」というところに、強く共感しさっそく体験に出かけました。30分なら、なんとか仕事帰りにでも続けられるかと思い入会。初めのうち、親しげにお話している人達をみて何となく馴染みにくく感じてましたが、仕事で嫌なことがあった日も元気な声で「○○さん!こんにちは~」と歓迎されると、嫌な思いから救い出されたように気持ちがパッと変わって、な~んかいい気分に。そして体を動かしていくうちに、心も体も解され、また、明日に向かう気になれています。今から13年前に主人を肺癌で亡くし、二人の娘がいるけれど、先々寝たきりになってお世話になることのないようにと日々頑張っています。 主人は、セブンスターのたばこを1日1箱程度吸っていました。ある6月に弱い咳が続いて出ていて、毎年のように職場の人間ドッグを受けに行き、その結果、肺が真っ白で肺癌、それもステージ4(末期)と分かり、緊急入院し、抗がん剤、放射線治療後、たった10ケ月で亡くなりました。本当に、この世には、ま・さ・かの坂があることを痛感!そして、その主人に毎日お弁当を届けに通ってくれていた、主人の父が悪性リンパ腫で、主人の死の半年後に亡くなり、その父を頼りにしていた主人の母が肝臓癌で、父の死の半年後に亡くなり、わずか1年半に6人だった家族が半分の3人になってしまいました。病人の出る度に、自分の仕事は続けつつ、治療の説明を聞いたり、手術の付き添い、看護、介護、そして喪主の繰り返しで、一時その疲れからか、うつ病のようになってしまったこともありました。 その数年後、私の父母も亡くなり、親戚も亡くなっている人が多く、身内が少なく、今の私は娘達にとって、とても大事な人なんです。ある日、その自分の大切さに気づき、怖いくらいに思いました。もう私が、もし車イス状態になっても、それを押してくれる人は誰もいない!! だから、余計に「寝たきり」なんかになって、これから子育てに奮闘していく娘達の足でまといになってはいけないんです。 また、今年いきなり本当にびっくりしたのはプロテインのお陰なのか?毎年冬になると、乾燥して肌がひび割れ、がっさがさになり粉を吹いたようになっていたし、ひどい時には赤剥けて血が出る位にまでなっていた腕やすねが、今年は、がさがさどころかツルツルしていることに気づき一人で「嘘みたーい?」と、とてもとても驚き教室のスタッフさんにも話しました。 仕事帰りで、いつも1周くらいしか回れない私に、超チャレンジハード口調で声をかけて下さり、それに応えて動く私の様子に共感し応援して下さる人が、一人また一人と増えてきて、自然にお話相手ができ、なんか温かく応援され続けている感じでいます。ここ最近の成果を認め合うイベントでは、ますます知らない人とも関わりを深められました。体重が教室2位に多い私ですが、寝たきりに絶対ならない為と、仕事以外で、自分らしくなれ気分転換できるところとして、是非続けていこうと思っています。100歳を超えている会員さんや、自分より歳上の人々が頑張ってみえることを冊子や写真で目にするとたいへん励みになります。 いろいろな人を、温泉のお湯のように、いつでも温かく受け入れて元気にしてくれるパワースポットという感じで、仕事が忙しくても何とか考えて週2回は欠かさずに通い続けようと思っています。これからも、ファイト!オー!です。

感動したら、シェアボタンを押してください