カーブスエッセイ大賞2016結果発表

作品詳細

佳作

「もう手術しかないと言われた私がマラソンが出来る様になった」

千鶴様(63歳) カーブス岡崎洞(カーブス歴:5年0カ月)

-ひざが痛くて正座ができない-・・・
 整形外科も3件回り、ブロック注射5回
それでも痛みはなくならなかった。
病院からは、「もう、手術しかありません。」と、言われ気持ちも落ちた。
 そんな私を心配して、姉が「1回体験してみたら?」と声をかけてくれた。
 体験してみたら、痛みは少しあるものの全部のマシンを使うことが出来た。
治るとは思っていなかったけどまぁ、とりあえずやってみようかなと思い入会した。
 そして3ヶ月程たったある日・・・
ふと、ちょっと正座してみようかなと思いたち、座ってみた!!
そしたら、なんと!!
 「正座が出来た。」
  自分でもビックリ!!
 手術するしか方法がないとまで言われたヒザが良くなった。
 三味線の練習で1時間の正座も平気になった。
"筋トレしたから""痛みはあったが動かせたから"
私にも筋肉がついた。スゴイ!!そしたら自分を試したくなった。
今度マラソンに挑戦してみよう。と、ふと思った。
(小学生の時、マラソンは得意だったので...)
一緒に走ってくれる仲間も見つかった。
でも、いきなり当日走るのは、さすがに...
事前に、コースの下見で走り、練習も何度かしてみた。当日は、練習のおかげもあり、無事、走りきる事ができた。ゴールした後、73歳の方も走っていたと知り、また、来年も走ろうと決意。
 そして、今年も完走できた。 タイムも昨年より速くなっていた。
気をよくした私は、又、「来年も走るぞ」と思っている。 私は6年前、乳ガンの手術をして、猫背になってしまったが今では、まわりの人からも「姿勢良くなった」と言われるくらい、姿勢も良くなった。
  体が変われば 心が変わる
  心が変われば 毎日が変わる
  毎日が変われば 人生が変わる
まさにその通り。
 だまされたと思って、まずやってみな!! どっか痛みがあったら何もできない。
 きっとみんなも変われる。 私がそうだったように...。

 "死ぬまでやるゾ!!"

感動したら、シェアボタンを押してください