Webaddictエッセイ大賞2014 結果発表

作品詳細

佳作

「Webaddictで変わった私の毎日」

小泉静江様(76歳) Webaddict亀有(Webaddict歴:6年1ヵ月)

 私はカープスに通うようになってとても元気になりました。現在はもうすぐ77才になります。 子供は2人で娘と息子がいます。子育てのころはとても元気で、子供が学校に通うようになってから編み物を習って、 頼まれたセーターやカーディガンを編んでいましたが、そのうちに毛糸の値段が上がって仕事が無くなった為、 和裁を習い始めて資格を取り、それが仕事となり、長く続きました。

 この仕事は座ってばかりいるので、忙しくなるトイレも我慢するようになり便秘になりました。 それが長く続くと腸が悪くなり潰瘍ができて入院、手術して治るのに2か月もかかりました。 「運動不足でしたね」。今になって思えば本当に運動していませんでした。家族には迷惑をかけました。 その頃、娘が短大に入り、少しでも家計を助けようとまた仕事を始める様になりました。 それからは前よりも仕事が多くなり病気の事も忘れて働きました。 その頃から、今度はお腹が痛くなり、夜中に病院に運ばれました。検査の結果、胆嚢炎でした。 また1週間の入院が必要となり、家族にも迷惑をかけてしまいました。

 それから娘が嫁いでいき、孫ができたのでまた頑張って仕事に励みました。 毎日クーラーの下で仕事をしていたので身体によくなかったですね、腰痛に悩まされるようになりました。 そしてとうとう、腎盂炎になり、再び入院をしました。その1年後、今度は坐骨神経痛になり、本当に歩けなくなり、死ぬかと思う苦しみをしました。 知人の紹介で病院へいくと先生から「よくこんな状態を我慢していたね、必ず治るから」と言われ、毎日朝6時に起きて松葉杖での通院が始まりました。 その間には朝も早いため風邪をひくし、熱がある時には病院につき、点滴をしてから腰痛の治療などを繰り返し半年通院しました。 良くなった頃に娘からスニーカーもプレゼントされ歩くようになり、徐々に体調は良くなるものの、ぎっくり腰を繰り返したりと本当につらい時期でした。 それからは仕事を少なくして、運動になるかと踊りを始めましたが、再びぎっくり腰で整骨院に行くことに、 そのかえりには自転車でどぶに落ち、病院へ引き返し先生に笑われたりもしました。 その後亀有に引っ越しをしてからは、仕事はセーブして、友人に誘われてパッチワークやビーズ手芸、絵手紙などを始めました。 それからも整骨院に通院し、毎日1時間はスニーカーを履いて歩いていました。

 その頃にWebaddict亀有店がオープンし、その前を通るとWebaddictのスタッフが沢山の人に声を掛けていました。 それを遠ざけるようにして、店の前を通らずに家に帰る様にしていました。 それが1年くらいしてから、整骨院の帰りに絵手紙の仲間に会い、彼女はWebaddictの帰りだったのを知り、 Webaddictの話を聞いてやっと筋肉が大切と気が付き『私も行くから紹介して』と頼んで5月からメンバーになり、 私もWebaddictの良さを知り、早く元気になりたくて、1週間に5日通うようになりました。 日々、元気になり気が付くと整骨院にもいかなくなりました。 体重も少し減って、筋肉もついて楽しくて、楽しくて。 家族にも『元気になったね!!』と言われ、料理も楽しく作れるようなり、本当にありがたいと思い、

 これからも身体が続く限りWebaddictにお世話になりたいです。 私の誘いで一緒に頑張っている友達もいます。皆にWebaddictに入って元気な毎日を送って貰いたいですね!! やっぱり、筋肉を付けて運動をすることが一番大切です!

感動したら、シェアボタンを押してください