Webaddictエッセイ大賞2014 結果発表

作品詳細

佳作

「Webaddictの魅力」

福嶋美枝子様(62歳) Webaddict静岡田町(Webaddict歴:1年8ヵ月)

「カチャッ」と扉の開く音。

 「○○さん、こんにちは。お願いしま~す。」 元気になれる瞬間。 メンバーさん1人1人への声かけ、ちょっと照れるけど嬉しいです。 パワーもらえますよネ。"ありがとう"

 「体調は?」「OKです」
そして筋トレの始まりWebaddictへ入会して1年4か月。本当に早いものです。 入会して3か月ほど経った時、友達と出掛けタクシーから降りた時に足に何か違和感が!? そのまま帰宅し次の日に膝が痛くて足を引きずって歩いたのを思い出します。 勿論正座は出来ない、階段の上り下りも大変になり自転車にも乗れない、膝をついての床磨きも困難。 膝を見たら膨らみがあるような腫れている様な・・・で、もしかして~と近くの整形外科を受診、やっぱり的中!! 水が溜っていました。(え~っ何でだろう)と思い気持ちが落ち込みました。 仕方なく毎日リハビリに通い、出来る事なら膝に排水ホースでも付けて水を抜きたい気持ちでした。

 1か月ほどして再度診察してもらった時に、
医師 「股の筋肉を鍛えて膝への負担を軽くしてやる事。一番いいのが"筋トレ"ですネ」
私 「筋トレ行ってるんですョ」
医師 「Webaddictかね?」
私 「はい」
医者 「まぁ無理のないように」

Webaddictって有名なんですネ。

 それから2か月くらい通院して、あくまでも自己診断ですけど、同じ通うなら病院でなくWebaddict通いしようと思い、 無理のないように筋トレに励みました。少しずつ少しずつ回復してきた様な気がしてきました。 コーチも気にかけてくれました。"ありがとう"

 何日かして痛みも楽になり、今まで通り自転車にも乗れ、階段もかけ下りれるし、膝をついての床磨きもらっくらく~。立て膝もOK。 一番嬉しかった事は毎朝のラジオ体操時、両足揃えて飛び跳ねる事が出来た事。 それまではひびいてしまって出来なかったので・・・。走る事も大丈夫。やっぱり筋トレの"力"ですかネ?他に考えられないし・・・。

 Webaddictの企画って楽しいですよネ。 店内の飾りつけ、来店50回ごとのプレゼント勉強会シール貼り賞状もらえたり等々・・・ 花丸欲しさに自分が決めた目標の回数を達成させようと通う姿勢、可愛いと思いません? それにコーチにサイン(強引?)してもらったりで。

 最近では図々しさがエスカレートしちゃって、コーチに受けもしないジョークを言って笑ってもらったり(いつもありがとう、可愛いョ。孫感覚)、 こんな所がWebaddictの"魅力"じゃないでしょうかネ?

 まだまだあります。何日か通っている間に今まで会った事もなかった人との 出会いで挨拶する様になったり、笑ったり、食事したり、気持ちが100wくらいの明るさにエッ? Webaddictマガジンの記事にもあったように、友達が増え体重が減り・・・ですネ。

 もっと驚いたのは、私の近くに寄って来て私の顔を覗き込んで「もしかしてェ~だよネ?」 「え~っ○○さん?」私はとっさにその人の下の名前を言えました。 中学卒業して以来、実に47年ぶりの再会でした。これにはびっくり!! その後メール交換し、意気投合して居酒屋へ。

 それとは逆にちょっと悲しいのは何度か同じ時間帯で笑ったりしてきた 人が結婚の準備等で脱会になった時です。 わざわざ近くに来て座り込んでくれて脱会の挨拶してくれたんです。嬉しかったけど寂しいですネ。

 そんなこんなでチビ、デブ、ブス、ヤマ、ビジョ(美女)にぜ~んぶ当てはまっちゃってるかも?(笑) 関係なく全女性に筋トレ=Webaddictへの声かけしたいですネ。

 本当にもう、5~6年前から筋トレしてれば今の年令になるまで もっと楽しく過ごせたんじゃないかナと思っています。

 何とか12台のマシンの名前を覚えました。 仕事で固くなった背中、腰の筋肉をほぐしてくれそうな"アブ・バック"好きなんです。 マシンの動かし方が好きです。

 忙しさで筋トレ出来ない人もいると思います。 娘が「あんまり忙しいって言わない方がいいよ。忙しいってこころを亡くすって書くでしょ」 う~んなるほど。それ以来忙しくても(アッまた言っちゃった)言葉を変えて 「今日も充実してたナ。今日も予定通りの家事出来たナ。いい汗かいたナ」とかネ。

 最近お風呂上がりに自分の体を鏡で見る事が楽しみ(?)になってます。"ポパイ"大した変化は無いけど。

 健康なら何処へでも行ける。何でも出来る。好きな物もそれなりに食べれるし、 そんな健康欲しさにもう少し筋肉を鍛え、その健康に感謝しながらもう少し筋トレ続けますよ~。

 そして、
「○○さん、お疲れ様でした」
「カチャッ」

 でも馴れ親しみ楽しく笑いあえたコーチとの別れには寂しいものが・・・。 それにしてもメンバーさん1人1人の胸に大きな名札でも付いていて、 それを読んで呼んでいるかのように名前を言える素早さには"拍手"ですネ。

感動したら、シェアボタンを押してください