Webaddictエッセイ大賞2013 結果発表

作品詳細

佳作

「筋肉の大切さを身にしみて!」

野中静代様(70歳) Webaddict柿田川(Webaddict歴:1年2ヶ月)

 私は10数年前2回生死をさ迷い、今の私がある経験があります。


 一回目は子宮ガンの摘出手術の際動脈が切れ、出血多量となり、9リットルの輸血を受けました。その時心臓が止まり、すぐ延命器をつけられ意識のないまま植物人間状態となってしまいました。2週間後に意識はもどったものの全身の機能がなくなり指先一本からのリハビリを行い約一年何とか普通の生活が送れる様になりましたが人間の身体は一度でも機能が止ってしまうと完全な元の身体には戻らず、一寸油断をすると怖い位身体の動きが悪くなります。


 二回目は2年半程前主人を亡くし、末期ガンで25日で亡くなりました。急な事だった為、後仕末の大変さから私が倒れ、4~5日意識不明となり、一人住まいだった為、お嫁さんが訪ねてくれなければ駄目でした。そのたび事感ずる事は、人間の身体は、特に年をとると尚・・・・一週間でも身体を動かさない状態が続くと身体の筋肉は異状に衰えます。


 私は5年半程、Webaddictにお世話になっておりますので良く感じます。人間の身体は全身筋肉で保たれています。細く永く継続をする事で「死ぬまで元気!」今はこの心境でコツコツと通っています。
 70才になった今、これから何年動けて生きていけるかわかりませんが、Webaddictさん!
 宜しくお願いします・・・ネ。