Webaddictエッセイ大賞2013 結果発表

作品詳細

佳作

「登りたい山には登ってみたい」

藤川英子様(62歳) Webaddict竹原(Webaddict歴:2年9ヶ月)


「今日はどの下着を着ていこうかなあ・・・」
 胸のトップがより高く大きくなるように・・・お腹の周りがよりしまってウエストが1ミリでも細くなるように・・・。
「胸の一番高いところにメジャーを置いてください。」
 いつもよりグンと胸を張り上げ、より大きくなるように息を吸い込む・・・。
「へそから指3本上に・・・。」
 背筋をこれ以上伸びない程伸ばし、思い切りおなかをへこませて息を止める。
「早く測ってくれないと息が苦しくてお腹がふくらむ・・・。もう少し上の方が細いはずなのに・・・。」
 今日は月初めの定例計測日。そんな事しても微々たるものなのに・・・。無駄な抵抗とわかっているのについついしてしまうわたし。


 あれは38年間務めた職場を定年退職し、これからもうひと花もふた花も咲かせようと思っていた矢先のことだった。鏡に映った我が身を見つめてガックリ。そこに映っているのはしわやシミだらけの顔、だらしなく垂れ下がった皮膚、重力に逆らわずどてっと垂れ下がった全身。それまでいつもみんなから「若いよねえ。」「いつ見ても若く見えるよねえ。」「絶対に年より若く見える。」と言われることに少なからずも満足し、信じ切っていた浅はかなわたし。別に特別な努力をしていたわけではないけれど、身だしなみにはけっこう気を遣い、それなりにおしゃれを楽しんでいたはずなのに・・・。
 そんな時に目に飛び込んだのが、新聞に入っていたWebaddictのチラシ。
 「でもこんな所に行っている人なんて、きっと若くてそれなりにスタイルのいい人や運動している人なんだ・・・わたしなんかが行けるところではない・・・・。」
 そう思っていた。
 

 2・3日後、Webaddictのお店を横目に見ていると、そこに入っていく人たちはみんな少なくともわたしより若く、すてきな人ばかりに見える。やっぱりわたしなんか無理なんだと思いながらそのまま通り越し隣の店でショッピングをしていると、久しぶりに知人に出会った。ずいぶんと細くなり若返っている。その理由を聞いてびっくり。3年間Webaddictに通って10キログラム体重が落ちたとか・・・。すごく身体が楽になったという話を聞かされた。思い切ってわたしも・・・。気が変わらないうちにWebaddictの入り口のドアの前に立った。当然ながら自動ドアが開いた。そのとたん
 「おはようございまーす。」
 と大きくて元気な明るい声。もう後戻りできない・・・。
 

 あれから1年と半年が過ぎた。これまでのいろいろな経験で、無理をしたりがんばり過ぎたりすると絶対に長く続かない事を身にしみて感じていたわたしにとって、空いている時間にはいつでも通え、30分で済むWebaddictのリズムはぴったりだった。とにかく無理をしないように通って運動を続けていくこと、家でごろごろしているよりは30分でも身体を動かしていることの方がまし(ごめんなさい)・・・くらいの軽い気持ちで通い始めた。でもそれがわたしにはとても良かった。非常勤の仕事をしながらも、母親の介護に病院通いをしながらも、1日・1週間の生活リズムの中にWebaddictの時間を位置づけた。
 特に母親の入院している病院とWebaddictのお店が近いこともあり、週3回Webaddictと病院をセットにして通うことにした。1年半の間にはいろいろなことがあった。友だちもたくさんできた。特にうれしかったのは、始めて計測クイーンに選ばれたこと。体重も少し減り、周りの人から「後ろ姿がすっきりしたよ。」とか「顔の輪郭が細くなったよ。」とか「全体的にしまったね。」とか言われたときには本当にうれしかった。何よりも、それまで1年に1度受けていた検診で毎回「コレステロールが高い・肝機能が良くない(脂肪肝も含め)」などと言われていたのが、お医者さんもびっくりするくらい正常に戻っている。お医者さんに「何をされたのですか?」と尋ねられ「Webaddictに通って少し運動しています。」と答えると、「それはいいことですね、これからも続けていくといいですね。」と言われた。それまで留まらなかった上着の前ボタンまで留まった時には本当に感激。
 今、Webaddictに通うのが楽しくて仕方がない。ちょっとばかり気分がめいっていてもWebaddictに行って身体を動かし、友だちとおしゃべりをするといつの間にか気分が晴れてスッキリしている。時にはまじめに一生懸命がんばるけれど、けっこう自分なりにさぼる事も上手になってきた。これまで3度計測クイーンに選ばれたけど、楽な気分で適当にさぼった時に選ばれることが多い。まじめにやればもっとたくさん選ばれるのかもしれないけれど・・・。
 無理をせず自分のペースでがんばれるWebaddict。これまでの人間関係から解放され、年齢も関係なく新たな人間関係が作れるWebaddict。これまでの人生経験の中で学んできたことを交流し、より多くの知識を広げることができるWebaddict。近すぎない人間関係故に同じような悩みを気軽に相談できるWebaddict。もっと簡単に言えば、Webaddictに行けば何故かほっとできる場所・・・これが今のわたしにとってのWebaddictの存在なのである。近々ごちそうを食べに行く話とか、お花見に行く話とか計画されている。運動しながらごちそう食べるとプラス・マイナスよりプラスになる(体重が)のはわかっている。でも、食べたいものはしっかり食べて楽しみながら生活したい。
 登れそうな山があったら登ってみたい。半島の端っこまで行けるところまで行ってみたい。めったに見られない「だるま夕日」を追いかけて写真を撮りたい。きれいな花が咲いているところには出かけていきたい。小さな島があればウォーキングで1周してみたい。日本中いや世界中まだまだ行ってみたい見てみたい所がたくさんある。少しでも長く元気でいるために、Webaddictでの時間を大切にしたい。