Webaddictエッセイ大賞2013 結果発表

作品詳細

佳作

「Webaddictマシンと対話しながら」

藤原久美子様(75歳) Webaddict盛岡緑が丘(Webaddict歴:6年10ヶ月)


 ほんの一瞬の事だった。心臓が大きく動いたと思ったとき、体が宙を舞い、ああしまったと思ったが後の祭りだった。冷たい床にへばりつくように、つぶれている哀れな私に、夫が心配そうに手をかしてくれたのだが、「貴方があんなことを言うからよ~」うらめしくおきた事実を人のせいにしてしまった私。冷静になって考えると自分の足の衰えが原因で躓いてしまったのに。「え~俺のせいかい。」と笑っている主人。その日は久しぶりにデパートへ二人で買い物に出かけた日の出来事だった。
 普段から気軽に「母ちゃん好きだよ!」と、にこにこしながら話す主人が、後ろから大きい声で「母ちゃん頭が禿たね!」とショックな一言。とても、とても日ごろから気にしていたことを、ずばり"といわれてしまった。
 転んだ痛さよりも、心に傷が出来たのか、身体の奥深くがうずき、元気が出ない。膝の打撲と心の痛みを引きずったまま何日か過ぎたある日、Webaddictへと出かけてみた。
 ドアーを明けると「久美子さんこんにちは」の明るい声がして、ぴちぴちの若いコーチ三人がハイタッチで迎えてくれた。心地よい雰囲気で沢山の会員さん達がうごいていた。私は左足の関節が鈍いと気になったがいつもより丁寧にマシンと向き合った。一つ一つゆっくりと教えられた正しい姿勢を意識して、関節をいたわりながら、(ここまでは大丈夫、もっとやれそう!)マシンと対話する気持ちで真剣に取り組み始めた。そして全て終わった時に、うっすらと汗ばんでいた身体は痛みも無くなり、いつもの元気な身体に戻っていた。喜びでコーチとダブルハイタッチした。


 身体の蘇生力と、Webaddict組織のすごさに感謝した。それならいま一番悩んでいる髪の毛の問題も解決出来ないはずがない、と私は思った。幸いな事にWebaddictマガジンにのっていたプロテインで髪の毛の悩みが解決できると知った。
 その日から一心に、髪の毛の悩みを解決するために蘇生に取り組んだ。自分に出来ると思える全てに挑戦した。あきらめずに真剣に自分に出来る努力をした。


 今、身体と心が何を望んでいるのか? 何故問題が起きたのか?解決するためにどうすべきか、自分の本当の心の中を覗き込み、真実から逃げないで、解決する努力を惜しまずに目標を定めたら続けることがまず大事、結果はあとからついて来る。
 そして、現在は挑戦し、成功した喜びに満足しています。「やった~」と心も満たされています。


 Webaddictに入会してから6年7ヶ月になります。あせらず、ゆっくり、マシンと楽しく語らいながら、自分のペースで身体を動かし良い汗を流しています。


 Webaddictの30分は、これからの人生を生き抜くために、私にとって必要不可欠な場所と感じています。私はこの30分を弱った自分を蘇生してくれる大事な時間と決めています。
 のりこえても、のりこえても、出てくる色々な問題を解決するために、まだまだおつきあいさせていただきます

 Webaddictに感謝!です。