Webaddictエッセイ大賞2012 結果発表

作品詳細

佳作

「Webaddictを通して変わった私の毎日」

田中利子様(70歳) Webaddict出雲高岡 (Webaddict歴:1年11ヶ月)

 

 私がWebaddictへ通うようになったのは、次のようなことからです。

 八年間、要介護にあった母を自宅で介護している頃、時々左膝に痛みを覚えていました。

 母が亡くなった後、ある日、いつものように愛犬を連れて朝の散歩をしていると、途中で膝が「ガクン」として、痛みと腫れがでてきました。

 

 左膝半月板損傷でした。

 手術を受け、退院後は、自宅で四頭筋訓練をするように言われました。

 一人でのリハビリは、なかなか続かないものです。自然とおろそかになったり、しかも日中は一人のため話し相手もなく、とかく気分も沈みがちでした。

 そんな時です。東京の姉から電話があり、今の状態を話すと、「Webaddictに行ったら。」と勧められました。

「Webaddictは女性だけだし、好きな時に行けるし、すぐできるから、そんなに時間もとられないし。」姉は大分前から通っており、とても良いよと言うのです。

 それでも今までそういう所に行ったことがなく、人付き合いも下手な性格でもあり、迷いながらも、なかなか腰を上げることができずにおりました。

 でも、思い出しました。長年両下肢マヒの母の介護をしている頃、「せめてベッドの傍に立つことだけでもできたら、もう少しお互い楽なのにね。」と、口癖のように言っていたことを。母は全く立つことができず、すべて抱えあげねばならず、それが一番大変でした。「老いても自分の足で歩きたい。」、Webaddictへ行ってみようと決心しました。

 

 初めて訪れた日、説明を聞く間も、とても緊張していたことを覚えています。

 扉を開けると「T子さん、こんにちは」と名前を呼ばれ、通い始めて、いつの間にか一年八ヶ月。スタッフの皆様の笑顔と明るい声に励まされ、今ではWebaddictへ行くのが楽しみなっています。

 左膝痛も軽減し、長年悩まされてきた肩こりまで楽になり、朝はスッキリと目覚めますし、身体を動かすことが苦にならず、とても快適な毎日を送っています。

 毎月、月初めに、暦にWebaddictへ行く予定日に印を付けます。その日がくると、いそいそと出掛けます。時には、車の中で鼻歌を歌ったりして、行かない日は、何か忘れ物をしたようで落着きません。

 昨秋からは、姪の子供のお守りをしています。可愛い笑顔に活力をもらいながら、子供の成長に負けないように、一緒に動けるように元気でいようと、Webaddictへ行く目標がまた一つ増えました。

 自分では気付かないのですが、家族から「近頃生き生きしているよ。」と言われます。スタッフの方や、メンバーの方と言葉を交わすうちに、知らず知らず笑顔が増え、明るく前向きになっているようです。

 Webaddictへ通うことにして良かったと、スタッフやメンバーの皆様に本当に感謝しています。そして、この絆を大切にしてゆきたいと思っています。

 東京の姉と私は双子です。二人ともWebaddictへ通い続けて、元気で長生きして「平成のきんさんぎんさんを目指そうね。」と話して笑い合っています。