Webaddictエッセイ大賞2012 結果発表

作品詳細

佳作

「笑顔の私のために」

高田由美子様(53歳) Webaddict明治屋ジャンボ市久留米 (Webaddict歴:4ヶ月)

 

 平成二十四年も、三ヶ月が過ぎ、私のWebaddict歴もやっと二ヶ月が終り、三ヶ月に入りました。周囲の方達を見回すと、オープン当初から頑張っていらっしゃる方や私とあまり変わらない時期に入会した方等さまざまです。

 

 私がこのWebaddictを知り、体験し、入会したのは、今年の一月六日です。きっかけは、昨年八月に主人と行った、道の駅での出来事からでした。食事をし、買い物を楽しんで事に戻る時に、ふと呼び掛けられた、血糖値の無料測定会での事です。市から派遣された保健士さん達に、うながされるまま測定を受け、結果、私だけが血糖値が高いことが判明し、半信半疑のまま車に戻り、普段はメタボ気味の主人から、専門医のいる病院を受診するように言われました。

 早速翌日に、糖尿病外来のあるところへ行き、問診を受けてもピンと来ずに、又、看護師さん達も、「何でいらしたんですか?」と、何だか府におちない様子でした。

 血液検査の結果はというと、やはり糖尿病だとわかりましたが、薬などは何もなく、専門の栄養士の方から、一日の摂取量やこれまでの食事の仕方等、栄養面についてアドバイスをもらいました。ただ、この時は、自分自身が病気に対しての自覚症状や知識に乏しく「糖尿病」という、レッテルを貼られるのが嫌で、現実逃避をしていたのかも知れません。

 

 一ヶ月に一回のペースで受診していましたが、どんどん数値は急上昇を続けていきます。食事は、野菜が中心で、味は薄味で、カロリーもしっかり守って頑張っているつもりでしたが、数値の上昇と共に、体重は激減していき、追い打ちをかけるように、歯科にも通院しなければならなくなり、その時に、口の中に「できもの」が見つかり、大学病院で切除術をうける事になりました。三週間程、満足に食事が取れず、体はみるみる細くなり、まるで栄養失調状態となりました。病院に行くと、必ず先生が、「運動していますか?「歩いていますか?」いい加減うんざりしながらも、「歩いています。」なーんて嘘ついたりしていました。


 そんな「自分の体がどうなっていくのか?」「どうすればいいのか?」一人悩んでいる時に、義姉が教えてくれたのが、一回四十分位でできる筋トレのことでした。「一回体験してみたら?」「キツくないよ!」それでも、重い腰はあがらずに、友人から、スポーツジムの案内パンフレットを、いくつもいくつも集める日々でした。


 師走も押しせまり、今度は減っていく体重がこわくなり、体重計が壊れていると思い、新しく買い換えたりもしましたが、結果は同じ事。ここまできて、やっと「何かしなくちゃ!」「このままでは死ぬかも!!」そう、追い込まれ、年末に、そっと今行っている「Webaddict」の扉を開けましたが、その日時間がなかった為に、後日又来ますといい、帰りました。何だか機械がおいてあって、女の人達がみんな一生懸命にトレーニングしてあった事が印象に残りました。


 年が明けるのを待ちわびていたように、お店の開くのと同時に、「Webaddict」の中に吸い込まれるように入店していました。入会しようと思い、バッグの中には、印鑑や口座番号など、必要なものは一応一色持っていっていました。スタッフの方の明るい対応と簡単な問診をうけるうちに、自分自身の気持ちの高揚を感じていました。リストに必要な、身長、体重、体脂肪率、筋肉量などが現実を物語り、ますます運動の必要性や重要性をひしひしと感じ取っていました。


 体験ということで、軽くマシーンの説明をうけながら、実際に使わせてもらってみると、驚く程に、自分の体力不足や筋肉がいかに低下しているのがよくわかり、ショックというよりは、やる気の方が全開してきました。スタッフの方の説明も押しつけがましくなく、優しくわかりやすく、一つ一つの質問にも根気よく答えて下さっていたので、その日のうちに入会させて頂きました。

「おはようございます。」

「Y子さん、体調はいかがですか?」

「どこか痛いとことはないですか?」

「よろしくお願いします。」

「頑張りましょうね。」

「お願いします。」

 

 毎回、Webaddictに行き交わされる挨拶です。大きな声を満面の笑顔で迎えて下さるスタッフの方達と共に、筋肉量をふやし、「腹筋を割る」という目標の為に、日々通っています。

 

 時に、今日は行くのを止めようかと思うこともありますが、少しずつですが変化していく自身の体が嬉しくなり、今日もトレーニングセットを車に積んで「Webaddict」通いです。なるべく午前中に行きたくて、10時のオープンを待っての入店もしばしばです。

 失礼ながら、私の何十年も先輩の方達と一緒になって、皆さんのパワーの大きさや明るさに驚かされることもしばしばですが、毎日「Webaddict」に通って筋トレしているという自信からくる笑顔だということがわかりました。

 一時は、"病気"というレッテルを貼られた自分が悔しくて、信じられなくて、暗い深い闇の中をさまよっていたように思いますが、今では、「Webaddict」に行き、前向きに明るい自分を取り戻し、「腹筋を割る」「糖尿病克服」を目標に掲げながら頑張ろうと思えるようになりました。


 人はなかなか現実を目の前に突きつけられないと、どこかで自身の体の変化を認めたくなかったりするからこそ、「Webaddict」創立者が言っていらっしゃったように、もっと早い時期から、もっと筋力が低下する前に、本人自身の体のチェックが不可欠だということが、体験を通してわかったからこそ、一人でも多くの友人に、必要性を教えたいと思い、数人の友人が今では「Webaddict」に通ってくれています。その友人達に負けないように私も頑張って通っています。

 

 私、今年で54才になりますが、6年前に突然、18才で旅立ってしまった娘の為にも、この世での命を大切に充実させ、そしていつの日か娘に会えるその日まで、この世での生き方を胸を張って報告できるように「Webaddict」と共に頑張り、病気を克服したいと願っています。

 そしてもう一つ、今年二才になる長女の息子(初孫)の成長を一年でも長く見ていたいと強く願っています。


 笑顔を残して旅立った娘と孫の笑顔が重なり、今私が病気に負けてはいけない、絶対に負けられない! 日々、その事を考えながら、「Webaddict」に行かせてもらっています。


 一年後、三年後、五年後、今の私よりももっと輝いていたいと願いつつ「Webaddict」暦を重ねていきたいと思っています。