Webaddictエッセイ大賞2011 結果発表

作品詳細

佳作

「奇跡的に助かった私が奇跡を起こした」

七転八起様(40歳) Webaddict弥富(Webaddict歴:1年5ヶ月)

 私は、19歳の時、突然心臓の病気になりました。夢だった保育士の道も免許だけ習得しただけで諦めました。結婚も子供も諦めた方がいいと言われた時は、両親の前で泣きました。そんな頃は、まだ若くて自分の病気の大変さも知らずに、結婚もして、子供も自分が一人っ子なので、二人は欲しいとがんばりました。二人目を産んで約二年たった頃、階段を上の子を抱き上がっていくと、急に心臓が5秒ほど止まり息ができなくなったのでした。それから、普通に戻ったので、普通に生活をしていました。結婚してから薬も飲んでいなかったせいで、私の心臓が限界を超えていたのか、31歳の頃に発作がひどくなり、病院へ行きました。すると、カテーテル検査をした結果、心臓の大きな血管の三本のうち、二本も閉塞してしまっていた。心臓が70%ぐらいしか動いていないので、運動はもちろんできないし、普通の生活がやっとという状態が7年続き、その間、今思うと発作は回数がだんだん増えていき、強さも増してきていたように思います。


 いつものように発作が二、三日前から発作が続いていたが、まさか、自分の命が終わろうとしていたとは、その時私は、眠ったと思って目を閉じたのでした。


 ここからは、私は意識がないので、わからない所もあるのですが、38歳の夏8月23日朝方まだ暗かった。寝ていて心臓が痛くなり、ニトロを舐めた。一錠舐めても痛めが治まらない。二錠舐めて治まった気がした。そして、トイレに行きたくなり、ボーッとしたままトイレへ行った。主人が気が付き声をかけていてくれていた。布団まで戻った記憶があるのですが、痛みが続いていたのか、主人に背中をさすってもらっていた記憶があるようなないような感覚で、私の心臓は動きを止めた。


 背中をさすっていた私が、急に自分の方へ倒れてきて変に思った主人は、私が息をしていない事に気が付き、急いで救急車を呼んだ。そして、4年前に習ったままの救急救命の人口呼吸の仕方を救急車が来るまで、必死にやり続けてくれたのでした。息を一端吹き返したものの心臓は動き出さないまま、家族に見送られまだ薄暗い夜明け前に私は救急車で病院へと運ばれたのでした。


 病院へ到着し、いろんな検査をし、ダメ元で手術をしてもらったのだった。元、海南病院にいた私の主治医に電話していた主人のお陰で、主治医が海南病院のバイパス手術をされる先生に直接お願いをしてくれたのでした。

 

 手術は、午前10時頃から始まり、終わったのは午後6時頃だった様です。その後、ICUにいたのですが、元に戻る確立が10%だと言われ家族は、昨日まで元気だった私が死ぬかもしれない現実を受け止めなければならなかったのでした。上の娘中一、下の娘小4生。  

 

 まだまだ、一緒に成長を楽しみたいと思う頃で、教えてない事もたくさんあったのでした。心臓が悪いので、もしもという時があるかもしれないと、子供には伝えてはあったけれど、まさか、本当に自分があの世を見て来るとは思ってもいなかった。手術は成功したが、心臓がなかなか調子よく動かないので、人工心肺がとれなかったので、右ひざ下の足の血流の悪い部分が滞り、腫れ上がり筋肉が壊死してしまいました。

 

 私は、そんな頃あの世にいました。まだ、映像は、はっきり覚えています。ベルトコンベアーのように勝手に流れて行くような感覚の中、一面はグレーの色だったように思います。私はこのままだとどうなるのかなぁと思ったら、家族が泣いている姿が見えました。一瞬これは夢なのか現実かわからないまま、どこかへ飛んだのでした。真っ赤な物見たのですが、手術中の自分を上から見ていたのか。自分の魂だったのか。それから、足を切られているのがわかりました。


 

  「上手に切って下さいね。」と言って意識がなくなり、次に気が付いた事は自分の心臓の音で気が付き、ICUでの音しか聞こえなくて、自分では動くことも出来ない状態でした。唯一、動かせたのが目でした。私は一生懸命に呼びかけられた時に瞼を動かした事を覚えています。
 

 それからは、生きる事がこんなにも大変だったかなぁと思う毎日でした。あたり前にしていた事が出来ない現実、赤ちゃんに戻ったように飲み込む事から少しずつ初めていき、足は壊死した部分を毎日洗浄と、筋肉をカットしないといけない恐怖。足の手術も2回しました。あの日から約3ヶ月病院で入院していました。

 

 心臓はうそのように良くなり、病院には足のリハビリに通う毎日でした。近所の人がWebaddictをすすめてくれました。こんな足でやれるのだろうかという不安。まだ装具も履いているのに、私をどう思うのだろう。一度は断った。でも、それから、何ヶ月かして、また声をかけてくれました。心も身体も少しずつ元気になってきていた私は体験に行ってみる気になった。Webaddictで私より年上の人が多いのに、元気に身体を動かしている姿を見て、私も元気になってきて、Webaddictをやってみたくなり入会しました。動ける喜びを感じて身体を動かすうちに、足の手術をもう一度受けて、装具なしで歩けるようになりたいと強く思い、ギリギリまでWebaddictで頑張ってから手術しました。手術は成功。松葉杖がとれてからWebaddictに通い始めました。

 

 歩く事も、運動する事も、ままならなかった私は、Webaddictで生きている喜びを知る事ができ、欲もでき、スタイルまで変化して本当にやってよかったと心から思えます。

 

 今では、そんな私を見て、スタイルを誉めて下さり、こんな私がこんな風に身体を動かすとクビレができるよっとアドバイスしたりしています。

 

 Webaddictで私は心も身体も元気になりました。近所のWebaddict友達には、とても感謝しています。
 そして、今日また奇跡が起きました。身体も引き締まり、若くなったのか赤ちゃんができました。ギリギリまでWebaddictをして、元気な赤ちゃんを出産したいと思っています。