Webaddictエッセイ大賞2011 結果発表

作品詳細

佳作

「もう一度スタートライン」

越前様(23歳) Webaddictいわき植田(Webaddict歴:1年4ヶ月)

去年も応募させていただいた越前と申します。

 

まず今回の作文を書き始める前にお礼とお詫びをしなければならないと思っていました。

去年のWebaddict作文。
私は作文を提出することで自分がうつ病だと周りの人に知られるのではないかと言う不安と恐怖から応募期間内に作文を応募することができませんでした。
私は自分が通う店舗のスタッフさんとWebaddictに通うきっかけをくれた家族に印刷した作文を渡すだけにしました。店長さんは私の体験談に・・・なんと!泣きました(笑)
家族は「Webaddictに通ってくれてよかった。体もスリムになったし、気持ちも前向きになった」と言ってくれました。

 

・・・普通ならばそこで話は終わりなハズでしょう?
でも、ここからがWebaddictという会社のすごいところではないでしょうか?
私の作文の話を店長さんがオーナーさんに話し、オーナーさんの粋な計らいでWebaddict本部までそれを持って行ってもらい、本部の人の目に留めていただき佳作という素敵な賞をいただけたのです。それは紛れもなく奇跡でした。本当にその心遣いが嬉しかったです。
そんな熱い想いを持っている人たちが本部にいてくださって、各店舗に熱い想いを持ったスタッフさんがいてくださって私たちが通うWebaddictがあるのですね。ここに通っていられることに感謝したいし、協力してくれる人たちにも感謝したいです。感謝したってし足りないくらい!

しかし私の作文はそれだけでは終わらなかったのです!私が実際通っているWebaddictに拡大して可愛らしい装飾とともに張り出してもらいました。
また隣の県の茨城県の笠間店にまで張り出してもらえたそうで・・・(実際の詳細までは恥ずかしくてスタッフさんに聞けませんでしたが)PNではあったけれど実際にたくさんのメンバーさんに目を通してもらって、メンバーさんからの励ましの言葉をスタッフさんから又聞きしました。至れり尽くせりでした。皆さん、本当にありがとうございました!メンバーさんからの言葉から私が知ったことは「うつ病」と「更年期障害」は症状が似ていると言うことでした。また、私と同じような立場の人がメンバーさんの周りにもいると言う声もあった記憶があります。
自分だけがつらいなんて思っていられない!と思ったことを今この作文を作成しながら改めて思っています。
話を戻して・・・(汗)本気でWebaddict作文の入賞を狙って応募した方々には申し訳ないと思っています。だから今年は本気で勝負しましょう!


 おかしい・・・

 

なぜかもう締め切りの1日前。
何度も試行錯誤をするのは私の性格な様です。もっと良いものが書けるんじゃないか?もう1度見直したほうが良いんじゃないか?そう考えてしまっています。現在進行形です。
つまり私の性格上、早めに物事を済ませておくと言うことは不可能に近いようです・・・こんなんじゃ奇跡なんて起こすにはまだまだ程遠い気がします。

 

3月で今のアルバイトは終了、と言うことでうつ病になった原因の就職活動の季節がまたしても訪れたわけでありました。
それでも私には余裕がありました。大学教授の紹介での就職先でしたから。
でもその余裕は粉々に打ち砕かれ、同時に私の自尊心も粉々にしました。
今まではずっと気持ちのどん底にいたから私は気が付かなかったのです。気持ちが良い方向に向いていたところからどん底に突き落とされたときの絶望感を。人間である限り味わわなければいけない気持ちを。
毎日のように通ったWebaddictにはプツリと行かなくなりました。結果だけをスタッフさんに報告してそのまま逃げ帰って・・・私の時間は再び時を止めてしまいました。

 

それでも仕事は仕事です。這いつくばって仕事場に行き、それでもつらいときは薬を服用して、なんとか板に付き始めた作り笑顔を浮かべ、仕事が終われば家に帰って何もせずに過ごす、そんな毎日を繰り返して本気でWebaddictを辞めようと思っていました。
そこに飛び込んできたスタッフさんからの留守番電話のメッセージ。メッセージが入ったのだから行かなければ・・・そう思ってWebaddictに行きました。結局運動して、辞めもしませんでした。でも私には重大なものが欠落していたのです。どこに落としてきたのか、以前のような気合いは消え失せていました。
私にとってWebaddictに来ること・Webaddictで運動することは「義務」に摩り替わっていたのです。
私は義務が嫌い。「絶対〜だろう」なんてどうして言い切れるのだろうか?
明日なんて神様でもないのだから分かるはずもないのに。
もしかしたら、と言う可能性を微塵も考えない。人は他人を毎日同じリズムを刻む時計か何かだと思っているの?
だからWebaddictに来ても私はほとんど口を開かなかったし、仏頂面をしていたことでしょう。酷い時は運動しながら泣いたり、怒ったりもしました。それでもスタッフさんは私を見限ろうとはしませんでした。仕事と言えば仕事だろうけど・・・私だったらこんな人、絶対に見限るのに。

 

運動中に怪我もしました。気持ちが入っていないのに運動をするのだから当然。結果がでないのも当然。
それから何社か採用試験を受けて綺麗に落とされました。
最後の希望、資格を取るために1年だけ大学に通う、と言う選択肢。私はそれになんとか合格しました。
自分のことのように喜んでくれたスタッフさん。急に現れた進路に迷っていた私にスタッフさんは時間を割いて話を聞いてくれたし、アドバイスもしてくれました。

・・・もう迷いはありません。この作文を提出した2日後に大学に必要書類を送ります。春から私はもう1度学生をすることにしました。
私の中から「義務」は消え、新たに目標を得ることもできました。
大学は茨城県。通学する予定なので、このままではWebaddictで運動ができなくなってしまいます。
そう、私はいつも運動していたWebaddictから離れ、新しいWebaddictで運動を始める予定でいます。・・・まるで巣立ち(笑)
次に今のWebaddictに帰ってくるときは1皮も2皮も剥けて、人間的に大きくなれていたらいいな、と思います。

・・・なんだか私の近状報告になってしまいました(反省)


転んだって、何度だって私は奇跡を起こすために努力したいと思う。それを繰り返すうちに良い意味で自分の限界を知ることだってできると思うから。
挫けそうな時に一緒に運動をしてくれているメンバーさん、支えてくれるスタッフさん・本部の皆さん、そして家族・・・
いつも本当にありがとうございます!!!!
いつか私もこの温かい気持ちを形にして返せる日が来ますように・・・